clubRT角文忘年会2017

  • 2017.12.10 Sunday
  • 16:50

高齢のClubRTの忘年会で南房総の角文に行ってきました。(恒例か?)

 

出発は13時過ぎ。15時半の久里浜のフェリ−に乗るには少し早すぎて

14時半には着いてしまいました。

 

本日の足はPCX150です。

 

一番乗り。

WS000169.JPG

 

日没にはちょっと早い。

conv0011.jpg

 

金谷港までは40分。そこから南房総の角文まではやはり40分。

16時過ぎには到着しました。

すでにほとんどの人が来ています。

 

バイクできたのは5台。サイドカ−が1台。

後は車とか電車とか。年々バイクで来る人が減っています。

conv0016.jpg

GB250のサイドカ−です。オーナ−はakutsuさん。帰りに広島からきたkumachanを横に乗せて帰りました。

conv0015.jpg

 

 

conv0018.jpg

 

宴会が始まりました。

conv0013.jpg

 

conv0012.jpg

 

21時過ぎに逗子のカズさん到着。今日は仕事の帰りで荷車で来ました。

 

料理が多すぎたので残り物集めたら船盛が一艘できてしまいました。

 

それから深夜まで2次会。

 

翌朝は朝食後にニコナスさん到着。

朝からバイクで来るとは偉い。K1600GTです。

 

集合写真

 

 

これまた毎年恒例のアオサギ君がいつもの所にいました。もう何代目なんだろう。

conv0014.jpg

 

 

8時半頃宿出発。

フェリ−組は一緒に乗ろうと出たけど、PCXは速すぎて一人で到着です。

出航直前のフェリ−に乗れてしまいました。他の方々は次のフェリ−も危ないんじゃないかな。

今回は往復チケット買ってたのでチケットを買う必要もない。

 

バイクは2台だけ。車も10台いません。

 

conv0019.jpg

 

すぐに出航です。

 

conv0020.jpg

 

40分で久里浜到着。 

高速に乗って帰ると11時前に到着してしまいました。

風が強かった。

これで忘年会1回目が終了。

まだまだ続きます。

 

RT車検とブレ−キオイル交換

  • 2017.12.07 Thursday
  • 20:52

JUGEMテーマ:車/バイク

早いもので2014年12月に納車されたBMWR1200RTLcが車検の時期になりました。

そう3年です。

3年間の走行距離は32000km。タイヤ交換は2回。

昨年末に2万kmでブレ−キパッド等の消耗品の交換と1万km点検相当の点検を

ディ−ラでやっています。

1年前の費用は下記でした。

  1万km点検料                  ¥4500
  バルブクリアランス点検             ¥4500
  スパ−クプラグ交換               ¥4640
  エアエレメント交換(フィルタBOX含む)     ¥9700
  ファイナルギアオイル交換            ¥3800 
  Rブレ−キパッド交換              ¥12700

 

今回の車検はタイヤを交換して5000km走り、

オイル交換も自分でやってからだいたい3000km位。という状態でお願いしました。

ブレ−キオイルは自分でやるからやらなくてよいとも言ってます。

かかった費用は全部で73000円。過去のBMWの最初の車検の中では最安値でした。

WS000167.JPG

ピカピカに洗車してくれています。

 

さて引き取ってきたあと、GGさんに手伝ってもらってブレ-キオイルの交換です。

 

まずはリアから。

リザ−バタンクの場所がわからくて探してしまいましたが、

結局外すのに工具の要らないカバ−の中でした。

余計なカバ−を外してしまった。

WS000165.JPG

 

タンクの蓋をあけて(写真は蓋を取った所)次にダイヤフラムを取ります。

 

WS000166.JPG

リヤブレ-キキャリパ−の所のニップルのバルブを緩めますが、スパナのサイズが

11mmです。なんだこのサイズは。GGさんの空冷1200RTは8mmだったらしい。

この後やったフロントも全部8mmなのにここだけ11mm。スパナを探してしまいました。

 

ここのバルブを緩めてオイルを抜きながら、先ほどのタンクに新オイルを足していきます。

色が変わったらOK。3万km使ったオイルの色は新品とは全然違います。

WS000164.JPG

ブレ-キオイルは腐食性が高いらしいので周囲の養生が必要です。こぼすと大変。

 

 

次にフロントです。ハンドル右のタンクの蓋を開けてダイヤフラムを取ります。

 

 

フロントはダブルディスクなので、まずは左側から。

最初に8mmのバルブを緩めずに間違えて12mmのその下を緩めてしまいました。

だらだらとオイルが出てしまいます。すぐに締めて正規の所を緩めます。

 

WS000163.JPG

 

リアと同じように吸い出しながら上から追加。

色が変わってブレ−キオイルが入れ替わるまでやります。

次は反対側

 

WS000158.JPG

 

誤ってこぼした所をよく洗い、全て戻して完了です。

効きを確認して作業は終了しました。

オイル代は500ccで880円(近所のホ−ムセンタです)

 

車検整備とブレ−キオイル交換でとても気持ちいい。

これでまた2年。次の車検まで安心して乗れます。

でも春までほとんど乗らないかも。

 

 

G310であじ一ツ-リング

  • 2017.11.25 Saturday
  • 23:05

JUGEMテーマ:車/バイク

 

久々に山行こうというお誘いがあり、朝7時半に出発しようと
SEROWのカバ−を取りました。でもなんとなく違和感。
後ろのタイヤが半分くらいの高さになってる。
アリャ−、パンクだ。SEROW出すのは前回3週間前に高尾方面走って以来です。
空気圧落ちてるだけにしては少し減り過ぎ。

しょうがないのでSEROWをしまって、今 家にあるBMWG310を出しました。

そうです最近R1200RTの代わりにきたやつです。

これ、すごく軽い。

待ち合わせは早川のセブンに9時半。結構ギリギリです。
でも5分前に到着。今日のメンバ−はいつもの2爺で合計3爺。残りの1爺は
ちょっと事情があってお休みです。4爺揃うのはいつだろう。

conv0001.jpg


あとで沸かして飲むコ-ヒ-と水を買って出発です。

結構混んでいます。2時間近くかかって鯵一に到着しました。
いつもの写真。

conv0002.jpg

 

 

G310です。

conv0003.jpg


ここまでのG310の感想。さすがBMWです。各部の仕上げはなかなか良い。
ウインカ−のタッチが軽くていい。
回転を上げると吸気音が目立ちます。このバイク吸気口が前にあるのですね。

エンジンも後ろ向き。


停車時は前後のサスはふわふわという印象ですが、走りだすとなぜか
しっかりします。ブレ−キもなかなか良い。
6000RPMちょっとで100km/hですが、70km/hから90km/hまでは
とても気持ち良い領域です。
でも風防がないので100km/hは限界です。

道も混んでたけど鯵一も客だらけ。こんなに客がいるのは初めて見ました。
干物を買って、11時半だけどすぐそばの台湾レストランに行きます。
ここは定食が600円と安くて美味しいのです。

定食です。(ひとのですが)
 

conv0009.jpg

 

私は今日は定食はやめて台湾ラ-メンとホイコ−ロ−飯のセット。多すぎました。

conv0005.jpg  conv0006.jpg

早めのランチが終わり、湯河原まで戻って星が山公園に行きます。

クネクネの登坂はやはりギアチェンジが頻繁に必要です。
低速トルクはSEROWよりちょっと落ちるかも(回転上げれば問題ありませんが)
GS310もギア比は同じなのだろうか。

サスストロ−クが違ってポジションが違うだけでも

結構面白いかもしれない。


ガソリンは無鉛ガソリン。レッドゾ−ンが10000rpmなので回せばもっと
凄いのだろうけど、最近そこまで回転上げるバイクに慣れてないので
性能を生かしきれません。
でも310ccは250ccよりパワフルです。

星が山公園到着。
そこでお湯を沸かして食後のコ−ヒ−です。
GGさんがなかなか素晴らしいものを作ってきました。
ガスボンベのコンロです。素晴らしいでき。売れるんじゃないかな。

conv0013.jpg

 

 

天気も良く最高の景色です。
 

conv0007.jpg

 

 

conv0011.jpg

 


山を自力で走って登ってきた外人グル−プがいました。

conv0012.jpg

 

 

 

帰りに記念写真。このバイクの大きさは身体にあってるかも。
 

conv0008.jpg

 

ここからは林道組と別れ、私は海岸線を走ってCafeDoorに向かいます。
林道組は白銀林道走ってきます。
海岸線沿いが混んでたせいか平塚辺りで追いつかれました。

17:50帰着。本日の走行180km。
ガソリンが少なくなるとODOメ−タは残り何km走れるかの表示になります。

あと80kmから始まってだんだん減っていきます。
これはSEROWと似てるけどSEROWはランプ点いてから何km走ったかがでるので逆です。

あと何km走れるのか出る方が合理的です。


帰りが暗くなってしまって気が付きましたが、ライトが上向きすぎ。
調整しないと対向車が迷惑です。

なかなか楽しいバイクでした。

香嵐渓まで下道使ってツ−リング(PCX150)

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 23:30

JUGEMテーマ:車/バイク

 

名古屋に行く用事があり、最初は新幹線で行くつもりでした。

でも帰りに愛知県の香嵐渓に寄ってやろうと思い、PCXで行ってみることに

しました。2010年にFORZAで行って以来です。

 

PCX150はハンドルカバ−を付けて冬仕様です。シートにはゲルザブを

被せて長距離仕様。今年リアサスも社外品に替えて乗り心地もとても良くなっており、

マフラ−もRsGear製に交換してPOWERもUP、これも長距離ツーリングに向いています。

大きなスクリ−ンも付けているので風圧も低減できてこれも長距離向きです。

でも、なんといっても燃費が良いので(50km/L)名古屋下道なら往復でガソリン代

2000円以下と、とても魅力的なのです。

 

 

今迄、最も遠くまで行ったのは草津温泉。このときは往復500kmでした。

その時のblogです

http://bike.deepres.com/?eid=1096159

この時はBMWで行く予定でしたが、朝からバッテリ−上がり(まだ新車ですよ)

やむなくPCX150で草津に向かったのですが、これはこれで結構新鮮でした。

 

 

火曜の朝出発の時は雨は降っていませんでした。

予報では途中降ったりやんだりです。

 

9時半頃自宅出発。全部で350km走行の予定です。

箱根峠に上がった時はもう12時を過ぎていました。

 

 

フォト


結構な雨で、気温は7度位です。寒い。 

 

でもハンドルカバ−を付けたPCXはグリップヒ−タをONにすると 
最強より3段階位下の設定にしないと熱すぎます。 

真冬になったら電熱服をきても良いように電源の準備もしてありますが、

今回は電熱服を着るほどは寒くありません。

三島に下りたら雨もやみ、気温も15度前後。快適です。 

150CCのスク−タは、まあ200km位までなら快適に行けます。 
でもそれを越えたあたりから腰は痛いは、肩は凝るわ。ケツも 
痛くなり始めます。ゲルザブはほとんど効果なし。 

やはり一番悪いのはあの姿勢です。スク−タはどうしても腰に来る。
FORZAの方がシ−トが良かったのでずっとましでした。


でも初志貫徹でなんとか350km下道を走り切り、19時過ぎには 
名古屋のホテルに入りました。 


20時頃に金山駅での待ち合わせに間に合い、長距離の疲れをものともせず 
居酒屋で飲み会です。

 
やはりRTで高速使って来るより数倍以上疲れます。

(4時間か9時間かの違いもあります) 

水曜お休みという友人と真夜中まで飲み、翌日は朝9時出発で香嵐渓に 
向かいます。 
途中景色の良い所で休憩。 

 

conv0025.jpg


昨日とは打って変わって良い天気です。 

香嵐渓に着きました。 
途中から大渋滞ですが、PCXは右側や左側を走れるので渋滞は関係ない。 

大渋滞の先頭まで行って香嵐渓に一番近い駐車場に駐輪します。PCX最高。 

以前ここに来たのは2010年で、 
あの時は、会社終わってからFORZAで東名できて、岡崎に泊まり土曜の朝

香嵐渓に来たのでした。

其の時のBLOGがこれ。

http://bike.deepres.com/?month=201011

conv0034.jpg

 

 

conv0035.jpg

 

 

 

 

conv0038.jpg

 

 

 

conv0029.jpg

 

 

 

conv0028.jpg



五平餅を並んで買って食べました。美味しい。 

 

conv0031.jpg

 

 

こんな所もありました。ちょっと変わったお地蔵さんがならんでいます。

conv0032.jpg

 


帰路は三河湖に向かいます。 
途中のワインディングと紅葉は最高でした。 

三河湖です。 

 

conv0033.jpg



そこから浜名湖に向かい、下道のつもりが16時を過ぎているので 
途中から高速に乗りました。 

PCXの長距離は結構疲れる。50kmに一回は休憩。 
高速ではPCXは100km/h~110km/h巡行ですが、 
やはり90km/h位が最も楽です。 
新東名の制限速度は110km/hになっていました。 


22時帰着。かなり疲れました。 
九州8日間より疲れたかも。 

 

2日間の走行は700km。そのうち高速道路走行は145km。道路代4700円

ガソリン代は全部で1980円。高速道路が燃費悪くて平均燃費は48km/Lでした。

やはり80km/h巡行位が最も燃費がよさそうです(今まで最高で52km/L)

PCX150のオドメ−タは今回で20000kmを越えました。

 

 

紅葉リベンジとBMWディ−ラ-訪問

  • 2017.11.09 Thursday
  • 22:09

JUGEMテーマ:車/バイク

11月5日の日記です

 

久々に山に行こうということで、紅葉が綺麗そうな高尾方面の林道を
目指しました。

先日行った茨城方面の紅葉が今一だったのでそのリベンジです。

 

同行者はいつもの3爺。左足をちょっと痛めたというハマクジラさんの為に
リハビリ用の道です。

 

集合は9時半に16号線上鶴間のロ−ソンです。


出発してすぐ、相模原辺りを通過中に無線で「トランプだ」という声が。
右方向をみるとアメリカの大統領専用機「Air Force One」が飛んでいます。
ビックリ。実物を見るのは恐らく最初で最後でしょう。

 

前日まで忙しく、行先はあまり調べていませんが、とりあえず高尾駅を
越えて陣馬街道に入り和田峠に向かいます。
陣馬街道は自転車が多く気を使います。
和田峠に到着。ここまで39kmです。近い!!


最初の計画では相模湖側から行って藤野町から和田峠を目指すつもりでした。

ところが和田峠と藤野の間の陣馬街道は崖崩れで通行止めです。

 

 

和田峠の通行止めゲ−トには人も通れないと書いてある。
逆コ−スにして良かった。

和田峠には立派な茶屋があります。
車をここに置いていくハイカ−の為に駐車料金を取られるけど車も置けます。

ここからは醍醐林道 入山林道 盆堀林道を通過して
五日市方面に抜けられるらしい

 

conv0023.jpgconv0021.jpg

 

conv0020.jpg

 

conv0018.jpg

 

conv0005.jpg

 

conv0003.jpg

 

conv0004.jpg

 

途中の おんがた地区のふれあいの里に立ち寄ります。

 

conv0006.jpg

 

conv0007.jpg


紅葉真っ盛り。

 

最終的に檜原街道から五日市-八王子と通過して帰ってきました。

 

帰り道の途中にあるモトラッド相模原に寄りました。

GS310を見る為です。
conv0014.jpg

 

結構かっこいい。
でも足が届きません。シ−ト高の数字ははSEROWと変わらないのに。

既に予約でいっぱいだそうです。

跨っている姿をGGさんに撮ってもらいました。こうしてみるとそんなに無理はなさそう。

 

もう一台K1600Bにも跨ってみました。
conv0017.jpg

 

サイドスタンドから起こせないくらい重い。
跨ると以前乗っていたK1600GTLより足つきが悪い。
これも乗れないな(乗る気もないけど)

 

ということで久々のSEROWのツ−リングは終了。

高尾から秋川方面の林道は丹沢方面に行くより近いということがわかりました。
あの辺り、かなり奥が深い。

本日の走行150km

 

ブレ−キオイル交換

  • 2017.11.03 Friday
  • 21:52

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ブレ−キオイルが沢山余ってるのと、交換の道具作ったから交換してやろうか、

というGGさんのお誘いにのり、お世話になることにしました。

 

ツ−リング日和の3連休初日の今日、昼過ぎに我が家に来て頂きました。

 

まずはPCX150です。これは前輪だけがディスクブレ−キ。

conv0012.jpg

 

まずはオイルリザ−バタンクの蓋のネジ2本を外します。

ブレ−キオイルは他の部分に触れるとボロボロになるので周囲を養生します。

 

 

自作の道具とは、広口の瓶の蓋に2ヶ所穴をあけてホ−スニップル(タケノコ)

を付けて、空気を吸うポンプにつないでタイゴンチュ−ブで配管したもの。

conv0015.jpg

 

広口瓶の中を真空にしてブレ−キから吸い取ったオイルを落とします。

 

上のリザ−バタンクに新しいオイルを供給しながら、全部入れ替わるまで

古いオイルを抜き出すわけです。

 

PCX150の前ブレ−キには2系統のホースが来ていて、ちょっと気が付くのが遅れ、

また次回の宿題を残してしまいましたが、半分は終了。

 

次はSEROW250です。こちらは前後共油圧ディスクブレ−キです。

 

まずは前輪から。

conv0016.jpg

 

リザ−バタンクの蓋を外し、ディスクキャリパ−のニップルキャップをとり、

吸い取り治具に接続します。

 

conv0017.jpg

 

ニップルのネジを緩めて吸い取るとオイルが出てきます。

 

conv0018.jpg

 

リザ−パタンクに新オイルを追加しながら全部入れ替わるまで続けます。

抜けたオイルは茶色っぽくて、新オイルは綺麗な透明です。

 

入れ替わったところで、元に戻して終了。ブレ−キレバ−を握って効くことを確認します。

 

次はリアブレ−キ。

conv0022.jpg

 

前輪と違ってリザ−バ−タンクはシリンダと一体です。

conv0020.jpg

 

そして元に戻して終了。

 

これが抜いたオイルです。透明な部分が新オイル。下の茶色いのが抜いたオイル。

conv0023.jpg

 

さて、ブレ−キのフィ−リングですが、なかなかしっかりしたタッチに変わりました。

 

何十年もバイク乗っててブレ−キオイルを替えたのは初めてです。

BMWだけは定期的にディ−ラでやってもらっていますが、

交換は時々必要ですね。

これからは定期的に替えてやろうと思います。

今回の手助けをして頂いたGGさんに感謝。

スズキ レッツバスケット

  • 2017.11.03 Friday
  • 21:10

JUGEMテーマ:車/バイク

 

このバイク初めてBlog登場かもしれませんが、昨年から10年使用中のかみさん買い物用の

バイク(Lets4バスケット)が、出先で故障することが度々あり、

一回はJAFのレスキュ−を呼ぶ始末。

 

比較的近所に自分もいた為、すぐに駆けつけるのですが、

これが何回もあると、たまったもんじゃない。

ということで、買い替えてしまうことにしました。

 

10年乗った50CCなんてどうせ下取りは無理だろうと思いながら、

近所のバイクショップで一応聞いてみると、やはり処分費用や廃車費用は頂きませんだけ。

 

値段は付きません。

 

でもそれじゃあまりにバイクがかわいそう。

 

まだなんの問題も無く動くのに(ほんとか?)

 

ヤフオクに出してみました。   売れた。25000円位になりました。

自賠責もそのまま買ったバイクに乗せ換えたので合計3万円~4万円相当位の価値となりました。

 

これが売ったバイク。Lets4バスケット

P_20171026_105327-1638x921.jpg

 

これが買ったバイク「レッツバスケット」

conv0005.jpg

 

スズキの同じ機種です。

でも10年はさすがに進歩している。力も音も全てが良くなっている。

性能アップは物凄いものでした。

 

これで呼び出されなくて済む。

常陸蕎麦街道と紅葉ツ−リング

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 23:01

10月31日

もうずいぶんRTに乗っていないので(冗談ですよ)
平日の常陸そば街道から花貫渓谷紅葉ロ−ドを走ろうというお誘いにのり、
行ってきました。

常磐道の守谷SAに10時集合です。

ナビに従い、都心を通るル−トで行ってみました。
事前にみるとジャンクションだらけで、とても迷わずには行けそうも
無かったのですが、NAVIのおかげで全く迷わずに行けました。

首都高は都心までは結構渋滞してましたが、その後は順調。
渋滞もなんとかすり抜け、待ち合わせ場所には9:40到着。

もう皆さん来てました。

conv0057.jpg


参加者は6台。タンデムが1台いるので全部で7人です。

 

今日の私のRTはこれ。
conv0042.jpg

パニアを外してトップケ−スを小さいものに交換しています。

これ、物凄く軽い。九州ツ−リングで重くて参ったので
外してみたらとても楽です。病みつきになりそう。

那珂ICで下りてそこから20kmほどの所に向かいます。
常陸そば街道と言うらしい。

有名な金砂そばやに到着。
conv0044.jpg


駐車場には柿がなっています。とても秋らしい。
conv0045.jpg


今日は蕎麦屋をはしごするので軽くもりそばにしておきます。
conv0046.jpg

 

ちょっと太めの田舎そば。出汁が美味しい。

食べ終わって次に行きます。

年寄ばかりなので蕎麦屋のはしごは結構辛い。
丸亀でうどんを食った時には4軒はしごはなんでもなかったのに。

2軒目は蕎麦工房です。
conv0048.jpg


そばと言ったらどうしても天ぷらが付き物です。

conv0049.jpg

ここの蕎麦は細めです。

野菜の天ぷらを付けましたが、結局食べきれなかった。

歳でしょうか。

その後は紅葉ロ−ドに行きますが、紅葉はまだ早い。

conv0050.jpg

 

 

conv0051.jpg

 

 

人物が小さくていいでしょ。
conv0052.jpg


悔しいので、紅葉しているかのように画像は色付けしてみました。

落ち葉だけはすっかり秋です。

 


その後、快適なワインディングを走り高速の高萩ICに。
茨城の道も捨てたもんじゃありません(地元の方に失礼か?)

そこから100kmほど走って友部SAで解散です。

 

16時頃になってしまいました。

 

東京通過をラッシュ前にしたかったのですが、結局横浜辺りで
通勤ラッシュ。帰宅は19時頃になってしまいました。

でもパニア無しRTは見直しました。別人のように軽い。
もう少し乗ってやるか。
本日の走行440km

                    おしまい

九州ツ−リング(7日目〜8日目)

  • 2017.10.29 Sunday
  • 10:16

唐津の朝は7時起床。駅まで1分の宿なので駅に朝食を食べに行きます。

前夜の計画で、朝はまずは唐津曳山展示場に向かいます。
飲み屋でお会いした皆さんは私の身体まで心配してくれて、
朝の出発時間まで決まっています。8時50分。

5分少々のそこは、平日なので当然客は私だけ。300円です。
conv0038.jpg

 

conv0039.jpg

 

 

結構立派です。
11月2日が曳山ですごい賑わいだとのこと。
来年の宿を予約しないとだめだよと言われたので、
朝フロントで聞いたらもう一杯だそうです。
再来年は?と試しに聞いたらもう常連さんでずっと一杯。

曳山の日はこの辺はどこももう取れないと思いますよだと。

丁度今回の3連休は長崎もくんちですごい人だったようですが、
お祭りはすごい経済効果です。

唐津曳山展示場のあとはとりあえず指示に従って虹の松原に。
そこは朝から暑いのがほっと一息できる松並木です。

 

 

その後は名護屋城跡に。


人っこ一人いない所に到着。

昨日のジモティ−の案内では、自分では行こうと思っていた唐津城は絶対行かなくていい。

コンクリ製で観光客寄せの為に昭和になってから作られたものだし、もともと天守閣は

あったという証拠はない所に昭和のデザインで造られたのだとすごい解説。

 

私としては1690年頃に入城した私と同じ姓の城主の名前がとても気に入って

いたのですが、時間の関係もありもっとお勧めの名護屋城跡にしたわけです。


残念ながら佐賀県立名護屋城博物館は3連休の後の火曜日で休館。
ほんとに残念。

 

名護屋城跡は大坂城の次に大きかったようで、12万m2もあります。
1590年頃に秀吉が明国出兵の為に築城したもので、120もの陣屋跡や
数々の遺跡からその規模がわかります。
やってることは全然良いと思わないけど、その心意気はすごいと
思いますね。侵略には備えて、一方他国を侵略しようとしてるわけです。

楽しみにしていた博物館は見れなかったけど、
このデカい城跡を歩いていると色々考えさせられます。


景色も抜群。こちらにきてよかった。

conv0041.jpg

 

 

小一時間の見学が終わって、駐車場に戻るとBMWのGSが1台来ました。
自然に話しかけるとなんだか会ったことがあるような感じ。

そうです、日曜の朝,日の出を見ながら「早起きして儲かっちゃいましたね」と
話しかけた人でした。
不思議なご縁です。


ここで波戸岬がいいですよと聞き、波戸岬に向かいます。
前日紹介してもらった呼子のイカの美味しい店は後回し。、

 

 

波戸岬到着

conv0060.jpg

 

さざえのつぼ焼きやが並んでます。

conv0042.jpg

 

がらがらですねと言うと、3連休は行列だったと言ってます。
500円のつぼ焼きと600円のあわびを注文。

 

 

conv0043.jpg

 

conv0044.jpg

 

あわびは柔らかくて美味しいけど、ちょっと小さくてがっかり。

ビ−ルが飲みたい。

 

食べ終わってバイクに戻るとさっきお会いした方が来ました。中島さんです。

久住高原から3回目の出会いです。
conv0045.jpg

 

聞くと初めてだって。あれ?あそこは景色も良いしすぐ近くだから
絶対行った方がいい。と言ってたのに初めてかよ。


これからサザエだと言うので、アワビはやめた方がいいと
教えてあげて分かれます。

 

昨日のアドバイスでは呼子のこの店でイカ喰うのが11時半の予定でした。
 
でもイカの活け造りやゲソの天ぷらは横浜でも
同じように食べさせるお店もあるし、
昨夜のスナックで漁師さんから呼子に納めているというイカをご馳走になったし。
サザエでも満足したので今回は呼子はパス。


昨日の日記に書き忘れたけど、あの漁師さんご夫妻はスナックの代金
イカのようでした。

 

そこからは次のお土産屋に向かいます。


conv0046.jpg


松露まんじゅうです。

 

まあ横浜でも売ってるカステラにくるまれた饅頭ですが、
結局、今回のお土産の中では一番人気でした。餡が美味しい。

 

そして新門司に向かって走ります。
17時のフェリ−です。
無事到着かと思いきや、別のフェリ−乗り場についてしまい、
道案内の人に大坂南港行は?と聞くと「名門大洋フェリ−は2km位離れている」
と教えてもらいました。名門というのは形容詞だとばっかり思っていたけど
これって名詞だったのですね。知らなかった。


 

帰りは平日のせいでやはりバイクは数台のみ。日曜は100台近くいたそうです。

停まっているところから乗船用の橋をわたり、4階に行きます。
これも乗るのが結構怖い。(凸凹で急坂旧カ−ブだから・・・ ちょっとオ−バ−だけど)

乗船のW800の女の子は長崎から東京に仕事で行くそうです。よく利用するみたい。

 

フェリ−はこれでもかという位トラックを乗せています。

お尻のゲ−トは締められないのかゲ−トなんてもともとないのか。わかりませんが。


conv0048.jpg


船が出港するとすぐに日の入りの時間になりました。


結構うんざりするくらいの長い九州ツ−リングはこれにて終了。

教えてもらった八幡製鉄のお土産、くろがね堅パンとくろがね羊羹のSetが
船の売店にあったので買いました。

くろがね堅パンは硬くて食えない。軟弱な歯が割れそう。家ではとても不評だけど
ミルクに漬けて食べると何とか食えるし、結構癖になりそうです。

 

くろがね羊羹は抹茶味が一番うまかった。製鉄マンが糖分補給にした割には
それ程甘くなくて美味しい。
こちらはあっという間になくなりました。

 

帰りは瀬戸内海の橋が見えるかとデッキにでてみたけど、
ライトアップしているわけではないのでよくわからない位暗い。
すぐに通過でした。

 

大坂南港に着いたのは翌朝5時半。時間ぴったりです。
来た道と同じ高速を通って、横浜の自宅に着いたのは14時頃でした。
この時間に帰れれば翌日からの仕事は楽です。

 

全行程九州初日以外は全て夏日。昨年の紀伊半島ツ−リングと
同じですが、なぜか今回の方が疲れたのは歳のせいでしょうか。

大体1日の走行距離が昔より大幅に減ってる。

 

今回の走行距離は大坂往復も含めて 2250km程度。

最終日は新門司まで190kmの走行でした。

人との出会いが印象に残る旅となりました。

 

今年のツ−リング計画はほぼ終わり、あとは忘年会ツ−リングと

近所の林道ツ−リングを残すのみとなりました(まだ行くんか)

RTは車検だ。

               おしまい 

九州ツ−リング(5日目〜6日目)

  • 2017.10.29 Sunday
  • 07:15

JUGEMテーマ:車/バイク

 

10月8日(日)の朝です。

夜の大宴会は何時までやったかよく覚えていませんが、いつのまにか朝。
朝は早く起きて日の出を見るのが旅行先での習慣なので、5時過ぎから
起きて外にでて日の出を待ちます。
絶景です。
 

conv0017.jpg


霧がたなびく山々も絶景です。
conv0018.jpg


この頃いつものメンバ−が朝練(早朝ツ−リング)に出かけていました。
これって後から聞くと1時間ちょっとで100km以上走って来るらしい。
タイヤの山がすぐになくなるそうです。

日の出を見てると一人同じように見ている人を発見し、
「早起きして儲かりましたね」「ほんとですね」という会話がありました。
この方です。
conv0056.jpg

山の朝はほんとに気持ちがいい。

conv0019.jpg


朝食バイキングは大混雑で長蛇の列ですが、一応席は係の人が確保してくれるので
まあよいシステムです。でもすごい人。我らのグル−プ100人はほんの一部。

朝食後記念写真です。

 

来月当たりの雑誌の記事になるようです。

 

ドマ−ニなんかも来ています。

ドマ−ニって1千万だそうです

conv0023.jpg


その後オフロ−ドトレ−ニングやツ−リングトレ−ニング
ライディングトレ−ニング、周辺お散歩ツ−組、帰路に付く人等に
分かれます。

私はツ−リングトレ−ニングに参加。トレ−ナ−は山田純さんです。

2~3時間ほど走りながら無線で色々アドバイスを受けます。
参加者は20台。
昨年できたというケニ−ズCafeで休憩です。
conv0025.jpg

 

conv0026.jpg

 

conv0058.jpg

 

conv0057.jpg

 

ここから道の駅に行きキングケニ−ことケニ−ロバ−ツ氏との昼食会。
私はあまり良く知らなかったけど、かなりの有名人ですごい人気。
皆さんサインをもらっています。(山田純さんまで)

キングケニ−も入って全員で記念写真を撮ってもらいます。

 

昼食立派過ぎ。

 

conv0027.jpg

 

この「道の駅すごう」はバイクだらけです。20万本の彼岸花とかトウモロコシとか

時期を選べば見どころはたくさんあるみたい。

 

conv0028.jpg

 

トレ−ニングはまだ湯布院まで続くそうですが、私はここで分かれ
佐賀に向かうことにしました。途中の道の駅で東横インの予約をとり、
快適な道で佐賀駅まで。

あまり寝ていないこともあり、何とか佐賀駅真ん前の東横インに
到着はしましたが結構疲れてる。
フロントで裏の駐車場を案内され、歩道を渡って行こうとしたら
歩道のでっぱりに気が付かず前輪を取られて危なくこけるところでした。

駐車場の入り口も、傾斜がある所で停まってボタンを押すとかしなければ
ならず、RTの重さに泣かされます。

佐賀駅ってなにもないところですね~。ようやく見つけた居酒屋で
食事しましたが佐賀なんて泊まるんじゃなかった。

本日の走行 230km

 

6日目(10月9日(月)

佐賀駅前の東横インは朝9時前に出発です。
九州初日に長崎方面に行く前に行こうと思っていた平戸と唐津に
向かいます。

まずは1日目に通過した長崎道にのって途中分岐で平戸に向かいます。
昔なら楽しくて楽しくてたまらなかったツ−リングも
フェリ−を予約してなければもう帰りたい気持ちでいっぱい。

まず暑いのが問題。また涼しい阿蘇に戻るか?とか考えながら酷暑の
道を平戸に向かいました。途中の道の駅でついにバイクウエアを脱いで
畳んで座席にしばり、Tシャツと夏のズボンでRTには似合わない姿に。
背に腹は替えられません。メッシュでくればよかった。

 

これでなんとか涼しくなって、熱中症で走行中に気絶するのだけは避けられます。
着替えたあと車のご夫婦が話しかけてきました。

これから平戸に行くというと同じ方向で墓参りに行くとのこと。
ランチするなら平戸大橋手前の平戸瀬戸市場の2階のレストランがいいですよと
教えてもらい、まだ時間が早いので少し観光してから考えますと答えて
分かれます。

平戸大橋に着きました。
conv0029.jpg

とても美しい橋です。
conv0035.jpg


ここからは先ほど会ったご夫婦から聞いた松浦資料博物館に行ってみます。
conv0031.jpg

 

conv0032.jpg

 

松浦資料館の所蔵品はなかなかのもので、かなり感激。
全部本物で保存状態も良く見ごたえがあります。

ここからザビエル記念教会に向かいます。
conv0033.jpg

 

conv0034.jpg


観光本ではお寺と教会が共存する風景として載っています。

途中、工事中の為迂回したら道に迷い、細い道に迷いこんでしまいました。
軽自動車1台分の狭い下り坂を下りて行くと、軽自動車が前からきます。

すれ違いは無理。しばらくにらみ合っていると、軽自動車がバックして
くれました。50m位です。
昔初めてCB750を購入した時に同じようなことがあったのを思い出しました。
下り坂で前からダンプ。その時もバックしてくれたのですが、
ダンプ1台でよかった。その時はダンプの運転手にUタ−ンもできないような
ものに乗るなと怒鳴られ、ほどなく乗り換えたのです。45年以上昔のお話です。

なんとかクリアできたのでその後昼食に教えてもらった瀬戸市場のレストランに
向かいます。

目の前は平戸大橋ができる前の船着き場です。
到着すると結構な人の多さ。レストランで名前を書くと30組位待ちです。
そうか3連休だ。

そこで驚いたことに道の駅でお会いしたご夫婦が話しかけてきました。
先ほど平戸ですれ違いましたよねと。

順番を聞くと5番目位。
不躾なお願いで恐縮ですがと、合流させて頂きました。
快くOKをもらいましたが、ご夫婦だけでは無く83歳の母上がご一緒。
ご迷惑ではないですか?と一応遠慮しましたがすでに付いていく
自分がいました。ずううずうしいにもほどがありますね。

ここで注文したのはお勧めのこれ、また海鮮ランチ¥1100です。

安くて美味しい。

 

このあとまた平戸に戻って生月島に行こうと考えていることを話すと
おばあちゃんが「あ、あそこねえ。何にもないですよ。観音様があったかな」
暑さで参っていたこともあり、このお言葉で行くのをやめました。
食事しながら楽しい会話がはずみ、長崎大学でたお医者さんの娘さんとか
筑波大でて研究者の息子さんのはなしとか、孫の話とか。
とても楽しい食事となりました。
ご馳走するからというおばあちゃんのお誘いを固辞し、自分のだけ払って
ご親切な皆さんとはここで分かれます。
どうも息子夫婦が食事に連れてきたようですがおばあちゃんのおごりのようです。

 

その後海岸沿いの夕日ラインを走り唐津に向かいます。

車も少なく快適です。時間がもう少し遅かったら夕日の時間だったのに。
途中の道の駅で休憩しました。松浦あたりです。

ここは蒙古襲来の激戦地で、海中からその当時のものが沢山見つかっている
ようです。元寇(蒙古襲来)で大活躍した松浦水軍(まつら水軍)の
資料館もありました。

日本史の授業では聞いた覚えがありますが詳しく知ったのは初めて。


しかし日本って一歩間違うとどっかの植民地なる機会がたくさん
あったのですね。

 

ここで今日の宿(唐津)を探します。

安いとこみっけ。4800円です。
海岸線を走って唐津に着いたのは16時頃でした。

 

唐津駅の真ん前で部屋も広く快適です。
時間も早いので宿で聞いて温泉に行きます。
20kmほどの所にある厳木温泉。なんださっき通った道じゃん。

これで「きゅうらぎ温泉」と読みます。
単純アルカリ泉でおはだすべすべ。疲れがとれましたが、
20kmバイクで帰るとまた疲れた。

戻ってコインランドリ−で洗濯しながら近所のうどん屋で夕食。
とても安くて美味しいお店でした。
帰りにスナックに寄ったら、地元の漁師さんはじめお客さんに
とても親切にして頂き、明日の観光スケジュ−ルを作ってもらいました。

バイクならここからここまで何分だから先にここ行ってとか、
いやこっちの方がいいとか。地図や目印まで書いてもらいます。
一人旅行の醍醐味ですね。唐津城は行っても無駄だ、名護屋城跡が絶対お勧めだと
いう話で明日の予定を決めます。
お土産まで決めて頂き、明日の予定も全て決定し、

スナックではそこでお会いした漁師さんご夫婦が持参したというイカの刺身を

出してもらいました。呼子に納めているそうです。

ホテルに帰って22時頃には就寝です。今日も疲れた。

 

              本日の走行220km

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

現在の時刻

本日の来訪者

来訪者累計

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM