近江八幡すき焼きパ−ティ−

  • 2019.09.22 Sunday
  • 23:30
土曜はClubRTの全国大会が滋賀県の近江八幡で開催されることに
なっており、本来ならバイクのツ-リング日記のはずでした。
金曜日の予報では、台風17号の影響で滋賀県は土曜から大荒れという予報。
PCXで行ったろうかと迷っていたら、バイク仲間から車でいくけど
乗っていかない?とお誘いの電話がきました。
渡りに船でお願いしてしまいました。しかもありがたい事に
家まで迎えに来てくれます。7時頃に来てもらい、東名に乗りました。
実は東名の海老名SAは下道で行ってSAの外に駐輪場があります(上り線下り線)
どちらかの駐輪場にバイクを置いて、SAの中のレストランや土産物屋をよく
利用しているのですが、誰かの車に同乗する場合はここにバイクを置いておき、

海老名SA下り線で待ち合わせをして拾ってもらい、
帰りは上り線のSAで降ろしてもらえば、外にでてバイクで帰ることが
できるのです。(バイクがなくてもバスでもそこまで行けますが)
家が近所でもないのに、どうやって拾うんだ、面倒だ、という場合にはお勧めです。
さて、近江八幡まで大体400kmです。
休み休みいけば6時間というところでしょうか。まあ7時出発は
かなり早いですが、3連休の大渋滞を先週見ていたので、
途中で時間をつぶしながらゆっくり行けばいいかというつもりです。
でも、この運転手さん停まらないんだな〜 速い速い。
昼前に着いてしまうのではないかと心配になります。
乗せてもらった車は小型ですが、ス−パ−チャ−ジャ−付きとかで
速い速い。

やはり新しい車はいいですね。しかも燃費は17km/L。
特にNAVIがいい。駐車の時に自車が上から見えるNAVIはとても便利ですね。
途中一回だけ休んで2回目の休憩は長篠設楽原Paです。

確かここに来るのは2回目だったと思うけど、
今回はじっくり見学してしまいました。
1575年の長篠設楽原の合戦の場所です。
徳川織田軍38000人と武田軍15000人の戦いは武田軍13000人と
徳川織田軍5000人がこの場所で命を落としたと書いてあります。
あの時代に生まれなくてよかった。
休憩が終わり少しだけ走って高速を降ります。
彦根城に向かいました。そこでお蕎麦のランチです。

Googleアシスタントに「この辺で美味しい蕎麦屋はない?」
と話しかけると即座に答えが返ってきて、そこに行く、とやると
Naviの案内が始まります。便利な世の中になったものです。
伊吹蕎麦の「つる亀庵」です。彦根城の真ん前。美味しかった。
これ、「つるかめ庵」ではなく「つるき庵」と読むみたい。

美味しい蕎麦屋の隣にどら焼きやがあったのでそこでお土産を
買いました。お土産とは別に車で食べたマンゴ−の生ドラが美味しかった。

彦根城はかなり山登りが必要そうなので上に登らずに下から眺めて
終り。
次の観光予定の安土城跡に向かいました。
信長が天下を取るために築城したのに、結局燃えてしまった
悲運のお城です。
城跡は階段と石垣が残っているだけ。
このそばにある安土城考古博物館と信長の館に向かいました。
県立ですがとても立派な施設です。
周りは畑ですが、資料館でみるとこの辺りは縄文時代から栄えた所の
ようです。

信長の館は安土城の天守閣が再現されて展示されています。

ここのシアタ−安土城のVR映像をやっているので観ました。
たった15分程ですが素晴らしかった。上記のリンクにダイジェスト版があります。

こうして観光は終了し、本日の宿に向かいます。
私は皆さんとは別のホテルを取っています。
隣の駅なので安い。皆さん8000円〜12000円 位出しているけど、
私は4000円です。どうも近隣でコンサ−トがあってどのホテルも一杯。
この日だけ高額ホテルに変身みたいです。
まあ皆さん車もバイクも外車乗りの立派なお金持ちばかりですから問題ありません。
車で10分のそのホテルにチェックインしてから近江八幡の駅傍の
皆さん泊っているホテルに行きます。本日はそこから
近江牛すき焼きや「毛利志満」のバスが出ます。
17時前ですがもう皆さん来ていました。

顔なじみもいれば初めて会う人もいます。
台風の影響でバイクで来ているのは6~7台。
あとは車か電車です。(キャンセルも大勢)
昨年の鬼怒川全国大会も30台バイクが来るとホテルに行っておいたら
結局台風で3台だった。
車に乗せてきてもらったのですが、最初から最後まで雨には合わず、
ずっと晴れてツーリング日和でした(泣)
そしてバスがきて参加者30人が毛利志摩に向かいます。
ここに来るのは2回目です。
相変わらず近江牛のすき焼きは美味しい。

寿司も出ますが、ナマ肉苦手です。(喰ったけど)

キャンセルした人の分を皆で食べたのでもう牛肉見たくない程 戴きました。

話もはずみ、じゃんけん大会も有り、楽しい宴会は終了しました。
そして集合写真

帰りは駅から私は電車でホテルに帰ります。
失敗したのは隣の駅からホテルまで7分くらい歩くのですが、
その道が全部真っ暗。あぜ道のようなところもあってほとんど
見えずに歩いています。田んぼに落ちそう。
翌朝写真撮ったらこんな所でした。
向こうの白い建物が泊ってるホテル。
翌朝は近江八幡駅の前でMACで朝食をとり、皆さんのホテルに向かいます。
そこからまた車に同乗し、最後の解散場所であるラコリーナ近江八幡に向かいます。
ホテルから直帰する人もいます。

la_collina(ラ.コリ−ナ近江八幡)
http://taneya.jp/la_collina/
このあたりの人気スポットだそうです。
ここはバ−ムク−ヘンが特に人気があるようです。
何名かはたどり着かずにいなくなりましたが(笑)、ここでも集合写真。

ここで解散して帰路に付きました。
途中高速を走る仲間のバイク発見。追い越されました。1250GSADVです(デカっ)
また、快調に飛ばし、あっという間に沼津のSAです。そこでランチ。

また自宅まで送ってもらい、到着は14時ちょっと過ぎ。
快適な車でとても楽をさせてもらいました。
ご一緒した皆さん楽しい時間をありがとうございました。
同乗させて頂いたかるかんさんありがとうございました。

東武ワ−ルドスクウエアと温泉と山ビル

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 21:40

姉の古希のお祝いに温泉旅行に行ってきました。

バイクではなく車です。

昨年末にユ−ザ−車検をやった我が家の車は、前回の車検から

走行距離は2年でたったの2500km。今回のドライブが500kmですから

次の車検までの大半を今回のドライブで走ったことになります。

 

購入してからタイヤ交換は2回目ですが、減りはほとんど無いのにゴムの劣化で

ヒビ割れで交換です。

 

ドライブですが、今回は昨年行ってとても良かった鬼怒川温泉です。

ここの大江戸温泉物語グル−プのホテル鬼怒川御苑。

サ−ビスも食事も最高で一番安い部屋でしたが全然不満はありません。

それで9000円位です。

 

鬼怒川に行くのに初めての東武ワ−ルドスクエアに行ってみることにしました。

 

ここはできてから27年も経ちますが行ったという話を聞いたこともなく、

行く気にもならなかった所なのですが、行って良かった。

素晴らしい所です。

 

平日なのでガラガラ。開園直後位に到着し、午前は2時間位の見学です。

入園するとすぐにあるのが国会議事堂。

dc062018(修整1).jpg

 

バックが山なのが現実離れしていますが、実によくできてる。入り口にちらほら見える

フィギュアでビックリしてたら、この後の展示で度肝を抜かれました。

 

この近辺には東京駅とか、スカイツリ−とか立派なものが沢山あります。

現代日本のエリアです。

ここから豪華客船が出航しようとしている港に行きます。

dc062041.jpg

音楽隊が出航を見送っています。このフィギュア凄いでしょ。

この園内のフィギュア人口はなんと14万人だそうです。

 

現代日本の次はアメリカです。

ニュ−ヨ−クのマンハッタン

 

9.11のテロでやられたビルがあんな配置だとは知らなかった。

道路では交通事故の模様が再現されています

 

この後はエジプトゾ−ンに。

dc062068.jpg

 

まるで行って来たようです。

そしてヨ−ロッパゾーン。

エッフェル塔は写真にすると本物と見分けがつかない。(後ろが山だけど)

 

 

dc0620135.jpg

 

何年か前に9日間もツア−で周ったイタリアは本物見るよりおもしろい。

dc0620121.jpg

 

本物は大きいから建物の前面の一部しか見えないけど、ここは裏から上から全部見れます。

出来は素晴らしい。

dc0620123.jpg

 

この後は東洋、中国、日本、近代日本と周って元に戻りますが、

全部で110もの展示物があります。

 

中国の万里の長城には三蔵法師と孫悟空なんかがいます。

dc0620193.jpg

 

こうしてわかるようにロ−マにはロ−マの休日のワンシ−ンがあったり、北京の故宮には

ラストエンペラ−の撮影シ−ンがそのままあったりと、見覚えのあるものが沢山あり、

遊び心がわかります。(若い人は知らない年寄り向けですが)

 

近代日本では京都奈良の神社仏閣やら電車が走ってるジオラマやら、マニアでなくても

楽しめます。

 

お昼は名物のゆば料理のSETを食べ、4時間以上の見学でしたが、もう一回周ってもいいくらい

楽しめました。ここ絶対お勧めです。これで2800円(割引券で2600円)は安い。

ちなみにこれから行く人の為にお得な情報ですが、セブンイレブンでペアチケットを買うと

1人2500円になります。私の場合3人なのでぺチケットと1人分の割引券でした。

 

ホテルで御馳走食べ温泉浸かって、翌日は鬼怒川の龍王峡のハイキングをしました。

 

暑い日でなかったのはよかったけど、前日の雨で足元は悪く、かなり険しい所もあって、

70歳の姉にはちょっと酷だった。

dc0620245.jpgdc0620249.jpg

 

でも景色は素晴らしく、人は全くいません。(最後の方に台湾人が二人いたけど)

 

2時間弱位の山歩きの途中で、脛がちょっとチクっとしたのですが、

気にせずにその後の奥塩原温泉に向かいました。

 

1時間ほどかかって、昨年も行った立ち寄り湯に到着。

でもそこは最近お湯が出なくなったということで、初めてのお風呂に入ります。

源泉はここです。

 

山歩きのあとの温泉はとても気持ちがいい。と期待して脱衣場で服を脱ごうと

ふと足元をみると血まみれ。ウヮ〜っと叫んでよく見るとこんな奴が脛にへばりついています。

 

WS000078.JPG

 

そう、山ビルです。

一昨年山走りに同行した方のブーツにへばりついているのは見たことがある。

 

ヒルは唾液に血が固まらない成分が入っていて、血栓なんかを溶かす薬に使われて

いるそうです。

 

なんでこんな奴が存在してるんだ。あ”〜気持ち悪い。

 

その後は那須温泉に行って最後のお風呂。

dc0620276.jpg

有名な「鹿の湯」です。

初めて入りましたが、ここは浴槽が温度ごとに分かれていて、40度〜48度まであります。

 

注意書きが面白い。48度の浴槽は入っている人がいたらお湯が揺れると大変なので

入らないで下さい。だそうです。

長いこと入ってるわけないから待てという事ですね。

かく言う私は43度が限界でした。46度以上の所は入っている人はいません。

回りで湯加減見る人ばかり。

 

15時過ぎには現地をでて、高速まっしぐらで帰りました。

 18時には帰着。

面白い世界旅行から始まって、苦難の山歩き、ヒルとの出会いや、超熱いお風呂、

なかなか波乱万丈の二日間となりました。でも楽しかった。

那須温泉秘湯の宿

  • 2019.03.10 Sunday
  • 22:31

JUGEMテーマ:車/バイク

 

一昨日(金曜日深夜)のボロ宿紹介番組で、昨年11月に行った宿がでていたので、

Blogに書いていなかったことを思い出しました。

 

最近バイクにあまり乗っていないのでネタがないから久々のUPはこれにします。

 

那須湯本温泉は東北道の那須ICから数キロの所にあるとても行きやすい

温泉地です。昨年秋は塩原とかそちら方面ばかりでしたが、

極めつけはここ。

 

前日調べて電話予約しましたが、雲海閣という名前で、ネットで調べると

「ボロボロで素泊まりですがいいですか?」と聞かれたというのがでてきます。
行ってみると確かにボロボロ。

 

素泊まりなので途中で夕食用に弁当とビールを買って宿に向かいます。

すぐにわかりました。

dc1129142.jpg

 

平日だったこともあり客は我々だけです。

玄関はボロボロだけど、部屋も広くて、自炊もできるので湯治によさそうです。

古いけど小ぎれいだし、WIFIも完備している。
場所によっては床が抜けそうなところもあるけど、
自炊も可能でかなり良い雰囲気の宿です。

お風呂がすごい。
暗いトンネルと長い階段を降りて行きます。

dc1129120.jpg

 

 

dc1129121.jpg

 

昨夜の番組でもワクワクするような紹介の仕方でした。

 

でも老人にはちょっと危ないかも。

お風呂はこの長い階段を降りた先にあります。

dc1129124.jpg

 

硫黄臭のすごい白濁湯の温泉です。
素晴らしいお湯。
真っ白なお湯です。お湯がとても良い。

那須湯本の有名処と同じお湯だそうです。

 

階段の途中にももう一つお風呂があり、そちらはゴルフ場から来ているお湯だと

言ってました。泉質は全く違います。

階段の途中のお風呂はタイルがボロボロで怪我しそう。

 

翌朝までに5回位おふろに入りましたが、階段がしんどい。

 

畳の部屋は広く、こたつに入ってテレビをみてましたが、なかなか落ち着きます。

トイレは新しくて洋式でしたが、ネットで見ると以前は酷かったみたいです。

 

昔はこの雰囲気がネットで話題になり、相当賑わったそうですが、

いまはその熱も冷めていつもガラガラみたい。
素泊まりで4800円です。

 

テレビでやっちゃったからまたしばらく混雑するのでしょう。

 

朝食も前日買ったパンですまし、快晴の中、那須岳に行ってみました。

 

途中、雲海閣を下から見てみるとこんな感じ。

dc1129143.jpg

 

山の上の宿から斜面を下りてお風呂に行っていたのがわかりました。

 

11月30日だったこともあり、那須岳に行けるのも最後でした。翌日から通行止め。

dc112982.jpg

 

dc112996.jpg

 

dc112998.jpg

 

間もなく雪に覆われます。

 

帰りに喜多方ラ-メンやさんでラ-メンを食べて、ちょっと不思議な民芸館で休憩し、東北道に乗って

帰路に着きました。

dc1129150.jpg

 

dc1129147.jpg

 

19時頃には帰着。

近いのに結構楽しめる所でした。

雲海閣お勧めです。

 

久々の上海

  • 2017.12.30 Saturday
  • 22:15

JUGEMテーマ:車/バイク

1年ぶりに上海に行ってきました。

 

中国のLCCの走り、春秋航空です。
羽田発土曜の午前2時で上海着が土曜の早朝4時50分。
全く寝られません。

まずは23時頃に自宅からPCX150で羽田空港到着。

 

conv0001.jpg

 

駐輪場は1日700円と安い。停めやすいし快適です。

BMWR1200RTが停まっていました。あれ置いて海外出張って心配じゃないのかな。

 

空港はというと、こんな時間にひと気があるのかと思っていたけど、

23時ころはまだ沢山の便があるようで人は大勢います。

上海行きはのヨ-ロッパ行よりさらに3時間遅いけど、
中国向けの便が同じような時間に3便でています。
銀行も24時間やっているし、食べる所もこの時間まではやっているところは
多く、WiFi機器を借りて行きましたがその店も26時までやってる。
便利になったものです。

 

そうそう今回も前回に続きイモトのWifiというのを借りて行きました。

午前2時までお店はやってる。

 

1日600円から、とか宣伝しているけど最終的に払ったのは4日間で9000円です。

なんでだ?Wifi機器の昔のは持っているのでSIMだけ買えば使えるはず。

失敗しました。

 

機内は狭くて椅子が硬くてほとんど寝れなかったけど何とか上海に到着。
春秋航空は初めてですが、安くするのに徹底していて関心します。


水を始め飲み物から食べ物まで全て有料です。でも全部安い。
マドレ−ヌみたいな簡単な食べ物は10元(170円)パスタは30元(500円位)
弁当みたいな立派な食事だと40元(700円位)
真夜中なので買っている人はいませんが。
これで十分ですね。飛行機代が羽田-上海往復で¥23,000位なのですから。
新幹線で大阪行ってくるより安い。
到着した時間が早すぎてまだバスも電車も出ていない。
タクシ−はあるけど上海中心部まで電車で行くのが11元(200円位)なのに
タクシ−は230元(4000円位)だから乗る気にはなれない。
24時間営業のスタバがあるので
そこでウツラウツラしながらコ−ヒ−を飲みます(矛盾してるけど)

電車の始発が出たので上海中心部に向かいます。
リニアモ−タがないと1時間半以上かかる。

リニアモ−タは30kmを7分で行きますからやはり速い。


今回は間延びした出張で、日曜の午後のみお仕事。後は夜だけ飲み会。
その他は予定はほとんどありません。

目新しいものがないか、まずは豫園商城にいってみました。
白バイが停まっていました。もう何年も車種は変わっていない様です。

250CCの中国製。日本車と言われてわからない。

豫園商城はというと、つまらない物ばかり。


久々の上海で珍しかったのは、登録するとスマホでピっやるだけで
自由に乗れる自転車だらけ。ニュ−スでは見ていましたが、上海は
現金が要らない世界が急速進行中。どの店でも現金要りません。
もちろん現金でも支払えるけど。自販機から靴磨きからみんなQRコ−ドがあり、それを

ピッとやるだけで支払い完了です。乞食もQRコ−ドあるみたいです。

 

自転車は以前からあったけど種類が増えています。電動自転車もある。

conv0010.jpg

無料もあります。何で無料?と思いますがこれは登録してスマホでピッとやり、

料金は引き落とされて後から返って来るみたい。その間のタイムラグで金利分が儲け。

置く場所も自由になり、どこで乗ってもどこに置いてもいいみたいです。
あの自転車もあれだけ増えると邪魔ですね。道が渡れない。

 

もう1つ気になったのがバイクの防寒具。
昔からあったけど、かなり増えた。ハンドルカバ−一体式の風よけです。

 

conv0020.jpg

 

いかにも中国みたいで汚らしくてダサいけど暖かそう。
 

時間が余っているので万博跡地に行ってみました。

conv0012.jpg

なかなか奇抜な建物です。中身は面白くなかったけど。

どうも上海の建物は奇抜なのが多い。
こんなのもありました。
巨大な芋虫が放射状に這っているような建物です。
conv0023.jpg


土日の宿に予約した所はここ。
 

conv0021.jpg

ここも結構奇抜です。
このホテル日本のテレビが全て見れます。

 

翌日は上海市内のHONDAのディ−ラを訪問しました。

BMWの時とはだいぶ事情が違っていて面白い。

結構大きいHONDA直営のディ−ラでした。

conv0031.jpg

 

conv0029.jpg


CBR650Fというタイ製のが160万位で発売後3ヶ月で
100台売れたと言ってました。
CB1100は20万元(350万円位)
ナンバ−は上海ではもう新規は発行されなくて、オ-クションで
30万元(500万円)で買うというのは以前BMWディ−ラで聞きましたが
このお店はほとんどが既にナンバ−持っている客が買いに来るようです。

 

お昼は小エビのかき揚げとキノコラ-メンにしました。
お蕎麦にしたら似合いそうな取り合わせです。

 

conv0035.jpg

18元ですから210円位。昔なら100円位だった。

最近東京にこのラ-メンを食べさせる店が出来たようです。蘭州ラ-メンです。

 

中国では通常LineやFacebook、Googleはつながりません。
ほとんど微信(ウエイシン、英語ではWechat)というのが
SNSや検索サイトだったりしますが、なぜか日本から持って行った
Wifi機器でDocomoの携帯だとLineもFacebookもGoogleも
上海で使えます。

 

帰りは月曜の21時上海発の便でした。これは羽田に着くのは午前1時半。

出てきてバイクに乗り家に着いたのは朝の3時です。

 

話のタネに試しに乗ってみた春秋航空でしたが、とても疲れます。

もう使わない。あれ何度も使ったら死んでしまう。

 

 

中国BMWMotoradディ−ラ訪問

  • 2017.01.20 Friday
  • 22:14

JUGEMテーマ:車/バイク

ちょっとした繋がりから中国のBMWバイクディ−ラを訪問することになりました。

場所は南京と上海。

 

中国は昨年から大型バイクが解禁になり、BMWのディ−ラが各地にできています。

4年以上前に常州という所のバイク工場を訪問し、そこで50CCのレプリカバイクを2台購入し、

日本に輸入したことがあります。

その時のBLOGがこれ。

*****************************************************************

中国バイクメ−カ−

  • 2012.04.27 Friday
  • 00:13
中国のバイクメ−カです。 Skyteamといいます。
上海から車で3時間位のところにある結構大きなメ−カ−で、ここは
そうです、日本車のレプリカを作っています。
(聞こえは良いけどいわゆる偽物)
s-DSC00022.jpg




HONDAのすでに生産中止したモンキ−やダックス、ゴリラ、鈴木のバンバン
そっくりさんだけど、もちろんロゴはSkyteamです。




エンジンは50CCと125CCが選べます。
このダックスみたいなのは電気です。エンジンみたいなのはダミ−。
ホイ−ルモ−タで音もなく走ります。
結構速い。


これをこんな風に梱包して
毎日数十台出荷しています。


行き先はタイとヨ−ロッパ,南米向けがほとんど。

実際試乗してみましたが、エンジンは良く回るし、とても良い感じ。
ダックスなんか色んな色があってとてもかわいい。

日本にも一部の車種だけ入ったこともあるみたいですが、
大々的にやったらやはりレプリカだからまずいのでしょう。
モンキ−の部品と互換製があるから
もう手に入らない部品とか改造用とかにいいみたいです。
***********************************************************
その時の繋がりからこの工場の経営者が昨年南京で始めたBMWバイクディ−ラを
訪問したわけです。こちらは本物です。
暮れも押し迫った12月の末の土曜日に名古屋に移動しました。
同行者に合わせてセントレアから出発です。
同行者はバイク部品メ−カ−の社長。
日曜の朝9時半のフライトなので土曜は移動だけ。
それもつまらないので、
名古屋の金山にあるメリメロ亭でBMWKシリ−ズのClub(i-jayo東海)の忘年会に参加です。
私はRに乗っていますが2011年から2014年迄 K1600GTLというのに乗っていたので
KのClubは以前から知っていました。
i-jayo東海の皆さんとはお初でしたが、私のこのBlogを見てくれている人がいたり
共通の知り合いがいたりするので話題には事欠きません。
s-WS000028.jpg
とても楽しい飲み会で、メリメロ亭の料理もとても美味しい。
土曜はセントレアの東横インに宿泊です。
日曜の朝は7時に空港で待ち合わせです。
Wifi機器をレンタルしてからJALで上海に飛びました。
日曜は上海の観光をを少しして、夜は知り合い二人と合計4人で会食。
上海に宿泊です。
conv0001.jpg
*
conv0003.jpg
先日このビルに登ったので、今回は隣の森ビルです。
conv0005.jpg
定番の豫園も観光して
conv0010.jpg
食事の後は昔よく行った老外街のBeerレストランで自家製IPAを飲んで、
3次会は巨大なバ−でスコッチの水割りです。
conv0013.jpg
翌朝タクシ−で虹橋駅に行き、そこから新幹線で南京南駅まで2時間弱。
そして南京南駅から地下鉄2駅の所にあるディ−ラに到着しました。
BMWディ−ラのデザインは全世界共通ですね。
本国から全て買わされるので、全てが高いといっていました。
日本のディ−ラと同じです。
このディ−ラ、展示車両がもの凄くたくさんあります。
整備工場もしっかりしていて、用品もたくさん展示しています。
conv0019.jpg
*
conv0020.jpg
*
conv0040.jpg
あれ?まだ発売前のがもう展示してあると思ったらこれは紙製でした。
conv0039.jpg
このディ−ラ2015年に開店して、1年で300台販売したそうです。
近所に用品ショップも立ち上げ中。
ドカティ−のディ−ラとハ−レ−のディ−ラもすぐそばに開店していました。
BMWが最も力が入ってる。
以前の日本のBMW_JAPANの責任者が今の中国の責任者だそうです。
年内にあと20台展示車両を入れると言ってました。
こちらはハ−レ店。
conv0041.jpg
車両は3台位しか置いていません。
ハ−レ−店の用品コ−ナ−はこちら。結構充実しています。今は冬で平日だから
客はいません。
conv0023.jpg
驚いたのは価格です。
日本だとR1200RTLcはフル装備で300万円位ですが、
中国のそれは29万元(レート17だと500万円弱)なんとも高価な代物です。
conv0037.jpg
以前私も乗ってたK1600GTLは日本の価格は300万円位ですが、中国では600万円。
ディ−ラの社長は40歳そこそこです。すごい。
食事して、今後の打ち合わせをし、話は良い方向で進みます。
2017年はまたここに来ることになるでしょう。
夜は南京の観光です。
行ったのは夫子廟という所。船に乗ったりもできますがこの日はやらない。
弘法大師が祭ってあるお寺です。なかなかきれいな所。
conv0035.jpg
conv0026.jpg
翌日は朝から雨です。
新幹線で上海に戻ります。駅はだだっ広く、でも人で一杯。
conv0025.jpg
上海虹橋駅は世界最大の広さを誇ります。駅舎の総面積は24万m2.
上海に戻ってそこからタクシ−で上海のBMWディ−ラに向かいました。
ショッピングモ−ルの1画にそれはありました。
conv0046.jpg
conv0044.jpg
ここでも話を聞きました。
上海はバイクの価格は南京と同じですが、ナンバ−プレ−トが高い。
なんとバイクのナンバ−を取るのに30万元(500万円)かかるのです。
車両と合わせると1千万円です。
上海はナンバ−の交付数量に制限がある為にオ-クションで
どうしても高くなってしまうとのこと。
ここでバイクを買う人がいかに金持ちかがわかります。
それでも2016年はこのディ−ラだけで200台売ってるとのこと。
やはり中国の富裕層は半端じゃありません。
こうして中国のバイクディ−ラ訪問の旅は終了。
地下鉄2号線とリニアモ−タカ−で浦東空港に向かい、
17時のJALでセントレアに戻りました。
たった3日間の中国出張でしたがとても充実した旅となりました。

新春富士五湖巡り

  • 2016.01.02 Saturday
  • 23:00
JUGEMテーマ:車/バイク
正月休みを利用して中国の友人が来日したので山梨の「ほったらかし温泉」と
富士五湖を車で案内した。
今回はバイクではなく車でのドライブ。
9時に八王子で待ち合わせ。かみさんを含め合計4名です。
 1月2日ということもあり、道はガラガラ。
ほったらかし温泉は「あっちの湯」と「こっちの湯」がありますが、
今回は「こっちの湯」富士山が見える露天風呂です。
風呂からも同じ景色ですが、風呂では写真が撮れないので外で。
風呂から上がり、ここの名物温玉揚げを食べます。130円。
山から下りてランチは「ほうとう」の有名なお店です。
結構なボリュ−ム。1300円。
 少し渋滞しましたが、河口湖に向かいます。
 富士山はずっと綺麗に見えています。何度も来ていますがなかなか見れない快晴の富士。
 精進湖です。
 
 これも精進湖。
 
 途中朝霧高原で休憩。
 
 そして夕方になり、田貫湖で夕陽で紅く染まった富士山がを見ることができました。
 
 田貫湖はダイヤモンド富士で有名です。
 
 こうして計画通りドライブは終了。
 御殿場から小田原に出て解散しました。
 東名は大渋滞なので下道で帰りました。
 日本人でもなかなか見ることのできない美しい富士を見せることができました。

ClubRTのS30若狭湾ツ-リング(車参加編)

  • 2014.06.09 Monday
  • 04:03
前日は雨の予報でした。
それでもヘルメット磨いたり、曇り止め用意したり万全の支度をし、朝出る時さえ降ってなければ
途中降られようとバイクで行くつもりでした。
でも朝4時半に起きてみると外は土砂降り。
いくらなんでもこんなピカピカのGTLを朝から雨の中に出す気力がありません。


その内、中央道雨で通行止め、小田原厚木道路雨で通行止め。

極めつけは神奈川に大雨洪水警報発令。
ダメだこりゃ。ということで今回は断腸の思いで車で行くことにしたのでありました。

前日は豊田市出張。本当だったらそのまま福井に行くほうが近かったのですが、
バイクで行くことを考えて神奈川まで戻ってきたのです。
そして11日12日は滋賀と名古屋に出張の予定。(いったいなにやってんだろ)

10時前位に自宅出発。新東名で行きます。
静岡まではザ-ザ-降っていたのが途中から曇りに変わりました。

新東名はガラガラです。
途中のSAで昼食と給油。
新東名SA

新東名2



そのまま北陸道に向かい、疲れたのでちょっと休憩したSA(賤ヶ岳SA)に入って
コ−ヒ飲んで出てくるとBMW軍団がいました。
 
SAで偶然遭遇


皆さんすごく気持ちの良いル−トを走ってきたみたい。

出発して取りあえず付いて行きました
が、車では追いつけん。(はるか向こうの米粒みたいなのがBMW軍団)
 

敦賀で降りて下道ですが、もうすぐ完成予定の良い道です。

宿に着きました。民宿「きよや」です。
http://www.kiyoya.com/

宿と前の景色はこんな感じ。

 


今日はさすがに関東勢は車ばかり。

風呂に入り夕食です。


うまい酒と語らいの夜が更けていきました。
その後記念写真を撮って出発。
宿から30分のレインボ−ラインの頂上駐車場に行き、記念写真。

小浜が見えています。
 

ここでこれ以上車では付いていけないのでお別れして、来た道を帰ります。
 
のんびり写真撮りながら帰ります。

帰りに縄文なんとかという所にBMWのK1軍団がいるのに気が付き
立ち寄りました。
 


K1は赤と青しか見たことがありませんが、初めて見る白がありました。
あとから分かったのですが、この中に知り合いがいたみたい。
狭いですよね日本って。
こうしてまた同じ道を帰り1000KMのドライブはおわりました。
今夜は栃木が雨で大変なことになっているみたいです。
バイクで行けなかったのは残念ですが、バイク仲間との宴会は楽しい。
また行こう。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

現在の時刻

本日の来訪者

来訪者累計

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM