九州ツ−リング(5日目〜6日目)

  • 2017.10.29 Sunday
  • 07:15

JUGEMテーマ:車/バイク

 

10月8日(日)の朝です。

夜の大宴会は何時までやったかよく覚えていませんが、いつのまにか朝。
朝は早く起きて日の出を見るのが旅行先での習慣なので、5時過ぎから
起きて外にでて日の出を待ちます。
絶景です。
 

conv0017.jpg


霧がたなびく山々も絶景です。
conv0018.jpg


この頃いつものメンバ−が朝練(早朝ツ−リング)に出かけていました。
これって後から聞くと1時間ちょっとで100km以上走って来るらしい。
タイヤの山がすぐになくなるそうです。

日の出を見てると一人同じように見ている人を発見し、
「早起きして儲かりましたね」「ほんとですね」という会話がありました。
この方です。
conv0056.jpg

山の朝はほんとに気持ちがいい。

conv0019.jpg


朝食バイキングは大混雑で長蛇の列ですが、一応席は係の人が確保してくれるので
まあよいシステムです。でもすごい人。我らのグル−プ100人はほんの一部。

朝食後記念写真です。

 

来月当たりの雑誌の記事になるようです。

 

ドマ−ニなんかも来ています。

ドマ−ニって1千万だそうです

conv0023.jpg


その後オフロ−ドトレ−ニングやツ−リングトレ−ニング
ライディングトレ−ニング、周辺お散歩ツ−組、帰路に付く人等に
分かれます。

私はツ−リングトレ−ニングに参加。トレ−ナ−は山田純さんです。

2~3時間ほど走りながら無線で色々アドバイスを受けます。
参加者は20台。
昨年できたというケニ−ズCafeで休憩です。
conv0025.jpg

 

conv0026.jpg

 

conv0058.jpg

 

conv0057.jpg

 

ここから道の駅に行きキングケニ−ことケニ−ロバ−ツ氏との昼食会。
私はあまり良く知らなかったけど、かなりの有名人ですごい人気。
皆さんサインをもらっています。(山田純さんまで)

キングケニ−も入って全員で記念写真を撮ってもらいます。

 

昼食立派過ぎ。

 

conv0027.jpg

 

この「道の駅すごう」はバイクだらけです。20万本の彼岸花とかトウモロコシとか

時期を選べば見どころはたくさんあるみたい。

 

conv0028.jpg

 

トレ−ニングはまだ湯布院まで続くそうですが、私はここで分かれ
佐賀に向かうことにしました。途中の道の駅で東横インの予約をとり、
快適な道で佐賀駅まで。

あまり寝ていないこともあり、何とか佐賀駅真ん前の東横インに
到着はしましたが結構疲れてる。
フロントで裏の駐車場を案内され、歩道を渡って行こうとしたら
歩道のでっぱりに気が付かず前輪を取られて危なくこけるところでした。

駐車場の入り口も、傾斜がある所で停まってボタンを押すとかしなければ
ならず、RTの重さに泣かされます。

佐賀駅ってなにもないところですね~。ようやく見つけた居酒屋で
食事しましたが佐賀なんて泊まるんじゃなかった。

本日の走行 230km

 

6日目(10月9日(月)

佐賀駅前の東横インは朝9時前に出発です。
九州初日に長崎方面に行く前に行こうと思っていた平戸と唐津に
向かいます。

まずは1日目に通過した長崎道にのって途中分岐で平戸に向かいます。
昔なら楽しくて楽しくてたまらなかったツ−リングも
フェリ−を予約してなければもう帰りたい気持ちでいっぱい。

まず暑いのが問題。また涼しい阿蘇に戻るか?とか考えながら酷暑の
道を平戸に向かいました。途中の道の駅でついにバイクウエアを脱いで
畳んで座席にしばり、Tシャツと夏のズボンでRTには似合わない姿に。
背に腹は替えられません。メッシュでくればよかった。

 

これでなんとか涼しくなって、熱中症で走行中に気絶するのだけは避けられます。
着替えたあと車のご夫婦が話しかけてきました。

これから平戸に行くというと同じ方向で墓参りに行くとのこと。
ランチするなら平戸大橋手前の平戸瀬戸市場の2階のレストランがいいですよと
教えてもらい、まだ時間が早いので少し観光してから考えますと答えて
分かれます。

平戸大橋に着きました。
conv0029.jpg

とても美しい橋です。
conv0035.jpg


ここからは先ほど会ったご夫婦から聞いた松浦資料博物館に行ってみます。
conv0031.jpg

 

conv0032.jpg

 

松浦資料館の所蔵品はなかなかのもので、かなり感激。
全部本物で保存状態も良く見ごたえがあります。

ここからザビエル記念教会に向かいます。
conv0033.jpg

 

conv0034.jpg


観光本ではお寺と教会が共存する風景として載っています。

途中、工事中の為迂回したら道に迷い、細い道に迷いこんでしまいました。
軽自動車1台分の狭い下り坂を下りて行くと、軽自動車が前からきます。

すれ違いは無理。しばらくにらみ合っていると、軽自動車がバックして
くれました。50m位です。
昔初めてCB750を購入した時に同じようなことがあったのを思い出しました。
下り坂で前からダンプ。その時もバックしてくれたのですが、
ダンプ1台でよかった。その時はダンプの運転手にUタ−ンもできないような
ものに乗るなと怒鳴られ、ほどなく乗り換えたのです。45年以上昔のお話です。

なんとかクリアできたのでその後昼食に教えてもらった瀬戸市場のレストランに
向かいます。

目の前は平戸大橋ができる前の船着き場です。
到着すると結構な人の多さ。レストランで名前を書くと30組位待ちです。
そうか3連休だ。

そこで驚いたことに道の駅でお会いしたご夫婦が話しかけてきました。
先ほど平戸ですれ違いましたよねと。

順番を聞くと5番目位。
不躾なお願いで恐縮ですがと、合流させて頂きました。
快くOKをもらいましたが、ご夫婦だけでは無く83歳の母上がご一緒。
ご迷惑ではないですか?と一応遠慮しましたがすでに付いていく
自分がいました。ずううずうしいにもほどがありますね。

ここで注文したのはお勧めのこれ、また海鮮ランチ¥1100です。

安くて美味しい。

 

このあとまた平戸に戻って生月島に行こうと考えていることを話すと
おばあちゃんが「あ、あそこねえ。何にもないですよ。観音様があったかな」
暑さで参っていたこともあり、このお言葉で行くのをやめました。
食事しながら楽しい会話がはずみ、長崎大学でたお医者さんの娘さんとか
筑波大でて研究者の息子さんのはなしとか、孫の話とか。
とても楽しい食事となりました。
ご馳走するからというおばあちゃんのお誘いを固辞し、自分のだけ払って
ご親切な皆さんとはここで分かれます。
どうも息子夫婦が食事に連れてきたようですがおばあちゃんのおごりのようです。

 

その後海岸沿いの夕日ラインを走り唐津に向かいます。

車も少なく快適です。時間がもう少し遅かったら夕日の時間だったのに。
途中の道の駅で休憩しました。松浦あたりです。

ここは蒙古襲来の激戦地で、海中からその当時のものが沢山見つかっている
ようです。元寇(蒙古襲来)で大活躍した松浦水軍(まつら水軍)の
資料館もありました。

日本史の授業では聞いた覚えがありますが詳しく知ったのは初めて。


しかし日本って一歩間違うとどっかの植民地なる機会がたくさん
あったのですね。

 

ここで今日の宿(唐津)を探します。

安いとこみっけ。4800円です。
海岸線を走って唐津に着いたのは16時頃でした。

 

唐津駅の真ん前で部屋も広く快適です。
時間も早いので宿で聞いて温泉に行きます。
20kmほどの所にある厳木温泉。なんださっき通った道じゃん。

これで「きゅうらぎ温泉」と読みます。
単純アルカリ泉でおはだすべすべ。疲れがとれましたが、
20kmバイクで帰るとまた疲れた。

戻ってコインランドリ−で洗濯しながら近所のうどん屋で夕食。
とても安くて美味しいお店でした。
帰りにスナックに寄ったら、地元の漁師さんはじめお客さんに
とても親切にして頂き、明日の観光スケジュ−ルを作ってもらいました。

バイクならここからここまで何分だから先にここ行ってとか、
いやこっちの方がいいとか。地図や目印まで書いてもらいます。
一人旅行の醍醐味ですね。唐津城は行っても無駄だ、名護屋城跡が絶対お勧めだと
いう話で明日の予定を決めます。
お土産まで決めて頂き、明日の予定も全て決定し、

スナックではそこでお会いした漁師さんご夫婦が持参したというイカの刺身を

出してもらいました。呼子に納めているそうです。

ホテルに帰って22時頃には就寝です。今日も疲れた。

 

              本日の走行220km

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

現在の時刻

本日の来訪者

来訪者累計

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM